【蕁麻疹.com】〜あせも(汗疹)〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jinmasin21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは蕁麻疹と似た病気である、あせも(汗疹)について詳しく説明しています。

あせもは特に夏場の暑い時期によく起こる皮膚病のひとつで、蕁麻疹にも湿疹にも似ていますが全く別の病気です。あせもは正式には汗疹(かんしん)と呼ばれ、その名の通り汗が大きく関係する病気です。大量に汗を掻いた時に汗の管である汗管が閉塞して、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症するのが汗疹です。

あせもはその状態から大きく3つのに分けられます。皮膚の浅い場所で汗が溜まっている状態を水晶様汗疹と言い、このタイプでは痒みはほとんどなく気付くことも少ないです。皮膚の角質より深い場所で汗が溜まった状態を紅色汗疹と言い、赤い小丘疹が多発していてこちらは痒みを伴います。これよりさらに皮膚の深い部分で汗が溜まり汗を出す管が壊れてしまう状態を深在性汗疹と言います。これは亜熱帯に多く、日本では稀です。

あせもになるとベビーパウダーを塗る家庭が多いのですが、実はベビーパウダーはあせもを治療出来るわけではなく予防として使用するべきです。汗が詰まっているわけですから、粉を塗しても意味がないのです。あせもが出来た時は濡れタオルで拭いたり、シャワーを浴びて詰まった汗を取り除いてあげるのが最適です。


⇒ 湿疹

⇒ アトピー性皮膚炎


sponsored link



copyright©2013  【蕁麻疹.com】〜じんましんの原因・症状・治療〜  All Rights Reserved