【蕁麻疹.com】〜治療について〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jinmasin21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは蕁麻疹の治療について、詳しく説明しています。

蕁麻疹の治療は基本的に対症療法と原因療法とを同時に行います。対症療法とはかゆみや痛み、腫れなどの症状に対しての治療を指します。対して原因療法とは、原因に対する治療を指します。治すという観点からすると当然原因療法が一番重要なことですが、症状は辛いものですので症状を軽くするための治療も、やはり必要なことです。

対症療法では、かゆみに対しては痒み止めの薬(塗り薬含む)、痛みがある場合は痛み止めを処方します。かゆみが強い場合は患部を冷やすのも一時的に効果がありますので、応急処置としては適しているでしょう。

原因療法については、原因を特定することが重要です。とはいってもすぐに特定するのは難しいので、基本的にまず抗ヒスタミン剤を処方します。皮膚が刺激を受けた際に分泌されるヒスタミンを抑えることにより、症状を抑えることが出来ます。これだけでも治る場合ももちろんありますが、原因が特定できていないとその原因に触れた時にまたすぐに再発してしまうので、やはり原因の特定は必要不可欠ということになります。


⇒ 蕁麻疹とは

⇒ 原因について


sponsored link



copyright©2013  【蕁麻疹.com】〜じんましんの原因・症状・治療〜  All Rights Reserved